アウトドアワゴンについて

      2016/09/27

こんばんわ!ひーけんパパです。

今日は、キャンプを始めた時、最初に購入したアウトドアワゴンについてです。2015年の秋、キャンプ道具をそろえていこうとしたとき、チェアやテーブルを買う前になぜかアウトドアワゴンを最初に買いました。

理由は、これからたくさん道具が増える事を予想してと、子供が2人乗っても全然余裕な耐荷重。あとはコールマンの赤いワゴンがなぜかオシャレにみえたからです。

スポンサーリンク

コールマン アウトドアワゴン

わが家で購入したアウトドアワゴンがこちら

%e5%86%99%e7%9c%9f-2015-10-24-19-13-25

毎度おなじみのスポーツオーソリティで20%オフで購入したかと思います。1万円はしなかったかな?

実際に購入してみて感じたことですが、キャンプ道具をコレ1台に積み込むことは不可能!!でした。素人初心者キャンパーですので、甘く見てました。デイキャンプで使ってみましたが、テーブルやチェア、コンロやタープなど家族の荷物なんかも併せると倍くらいあって丁度いいです。

2000021989_1こちらはコールマンHPのサンプル画像ですが、まずこんなことはないでしょう 😆 

デイキャンプで使用

まだ、テント泊もしたことが無い頃、デイキャンプにてこのワゴンを数回使用しました。車から荷物を降ろしてワゴンに積み込んでみると、乗りません💦なんとかバランスを整えて山のようになったワゴンを引っ張りますが、子供がおもしろがって引っ張るので進みません。デイキャンプとはいえ、タープを張ったり炭をおこしたりなどやることが沢山あります。初心者なので、若干の緊張もありイライラしてしまった記憶があります。

一体何のために始めたのか・・・

キャンプは楽しくやりましょうね!!

ということで、今年に入ってから、キャンプはオートサイトを利用してるので(荷物を運ぶのが大変なため)出番がめっきり減ってしまいました。ワゴンちゃんは一応持っていき、キャンプ場での荷物置きとして活躍中です。wagon2良かったことはこんな感じで収束するので、コンパクトに収納ができる点です。他社のワゴンも見かけますが、ここまで小さくできるのはさすがコールマン(ジャパン)ですね!以下、ワゴン詳細をつけときます。

多くの荷物を楽に運べる簡単収束型ワゴン
■大型タイヤでスムース楽々移動
■ストッパー付タイヤでさらに使いやすい
■両サイドにDリング付きで荷物の固定が出来る
■収納カバー付き

●使用時サイズ:約1,060×530×1000(h)mm 
●収納時サイズ:約180×400×770(h)mm 
●荷台サイズ:約880×420×310(h)mm 
● 重量:約11kg 
耐荷重:約100kg ⇐これ、すごいですね。
●付属 品:フック付きラバーバンド、収納ケース

おわりに

今回のワゴンの話で思い出したのですが、初心者キャンパーがキャンプやってる感を出そうとして形から入る典型的なパターンでした。(ウチだけかもしれません💦)実はもっと有効に使えるのかもしれませんが、試行錯誤を繰り返し、最後はエコキャンプを目指します!!それではまた~!

スポンサーリンク

↓キャンプ仲間のみんなクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

管理者:ひーけんパパ

連絡先:rsn12380@nifty.com

 - キャンプ道具