冬キャンプ 田貫湖キャンプ場でレンコンテント初設営

   

先週末に初の冬キャンプに出撃してきました。行先は富士山が絶景の湖畔キャンプ場、田貫湖キャンプ場です。今回は1月にソロキャンプ用として購入したレンコンテントでの初宿泊です。テント内で焚火ができるとのことで、楽しみに行きました。

スポンサーリンク

田貫湖キャンプ場

田貫湖キャンプ場入り口。振り返ると富士山がどーん!

天気予報では、しばらく雨予報でしたが、直前になって晴れになりました。気温も思ったより寒くなく、快適に日中は過ごせそうです。そのため、直前でキャンプ決行を決めたキャンパーもいたのか、12時過ぎにチェックインした時には多くのテントが設営済み。芝生のフリーサイトですが、結構どこも傾斜があり、平坦なところは少ない印象です。このためにコットも持ってきたので、少し傾斜していましたが富士山が見える場所にテントを設置することができました。

スポンサーリンク

今回も会社の後輩と行きましたが、それぞれテントを持参してのキャンプです。レンコンテントはペグダウンしていくときにガイドがないので、ペグの打ち直しが結構あり、軽く腰をやられます。それでも三角テントはポールを通すことがないのは楽ちんです!

今回は冬キャンプということで、こちらのアルパカストーブをメルカリでゲットしてから行きました!対流型ストーブでは燃費とカロリー、コンパクトさでコレに決めました!

結果、持っていって大正解でした。夜になるとやっぱり冷え込んできたので、テント内で重宝しました。

設営後、しばし休憩。テントから富士山。何もしないでぼーっとしながら一服。これは幸せです!

レンコンテントで初焚火!

少しやすんでから、早速焚火です。日が出ている時間は暖かいですが、曇ってくるとすぐに気温がさがる気がします。

写真を撮り忘れてこれしかありませんが、テント内で焚火をすると熱いくらいです。ただ、コットや寝袋を出した状態でやってしまったので、薪の種類によっては灰が飛んでしまいます。このときは焦ってコットを外に出しました。煙については、やはり開放している側から風が入ってくるので、全て上に行くわけではなく、煙たいこともありました。それでもテントで焚火は画期的ですね!

SOTOステンレスダッチオーブンで煮込み料理

夕食は焼き鳥とダッチオーブンで鯖チゲを作ってみました。

業務スーパーでジャンボ焼き鳥(冷凍)を購入。うまい!!

こちらもキャンプで初登場のステンレスダッチオーブン!手間いらずで簡単に調理できます。チゲスープに白菜や肉団子、サバみその缶詰を投入!!これが温まっておいしかったです。

スポンサーリンク

夜にはスウェーデントーチなるものを買ってみて焚火を楽しみました。結構長時間燃えます(3~4時間くらい)

朝起きたらそこには絶景の富士

富士山キャンプの醍醐味の一つは早朝目が覚めてみる富士の絶景ですね!気温は下がっているのでなかなかシュラフから出られませんでしたが、気持ちのいい朝を迎えられました。

テント内から。レンコン窓をあけるとおはよう富士山。

レンコン富士!逆さ富士を撮影したいと思って散策しました。

有名な逆さ富士ポイントからiphone7で撮影。影が何となく映りました。湖面に波がないときはほとんどなかったのでやっぱりタイミングむずかしいですね。

帰りには白糸の滝に寄って帰りました。1泊ではもったいないくらいのいい景色、いい空気のキャンプになりました。やっぱり富士は雪をかぶっている冬がイイ。また来るぞ~!!

スポンサーリンク

↓キャンプ仲間の皆様!クリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

管理者:ひーけんパパ

連絡先:rsn12380@nifty.com

 - キャンプ場, キャンプ料理, キャンプ道具, テント・タープ